2008年6月30日月曜日

雨天曇天極楽レンスー会

雨天曇天極楽レンスー会

だいたいツアーの翌週は、閑古鳥が鳴いて、ひとりか多くても二人程度の参加しか見込めないが、この週末は、色んなことが重なり、纏まったメンバーにお集まり頂きました。そして、やる気充分の新人の方も交えて、当然のことながら一杯お喋りもしながら、非常に楽しい1日となりました。また田中さんのお陰で、土曜日の夜は素敵な焼き肉ミーティングとなりました。
いよいよ転勤が決まった倉橋さんですが、最後のギリギリまでご登場頂き有り難うございました。また新しい生活環境で、公私ともにご活躍下さい。カヤックに関しては、こちらでレンスーしたことが、地元に戻られてから、色んな場面で活かされることを期待しています。仕事が落ち着くと言うことはないと思いますが、一区切りがつきましたら、また極楽島レンスー会で一緒に食事をしましょう!
脇田さんは、先週まではケブラーラサでレンスーをして頂いていましたが、今回はケブラーシオンに乗って頂きました。この日参加5回目をむかえましたが、ちょうどツーリング基礎コース終了と言ったところでしょうか。順調に階段を上られています。基本ロールの成功確率から、次回は新しいステップへ入れると思います。6回目にしてリエントリーに突入します。
これまでカヤックに何回かは乗ったことがあるという初参加の新人の方のレンスーの一コマです。午前10時頃から始めて、この段階まで来るのに、約5時間くらい。この間には、基本レンスータイム・ランチタイム・お喋りタイム・休憩タイムも含まれます。
何のレンスーをしているのかは詳しくは説明しませんが、ロールの組み立て指導の一部とだけお話しておきましょう。
常に前進あるのみの西脇さんのレンスー姿勢は、昼間からビール飲んで昼間からゴロゴロしている連中に食べさせてあげたいです。上手くいっても失敗しても、一定の休憩時間を挟んで新しい技術に挑戦する姿は、素晴らしいです。次回はどれだけ力を抜いて上がれるかを念頭にレンスーしていきましょう! 最近新しくやって来られる方々は、どなたも「まず基礎からみっちり教えて下さい」と言われます。昔は経験も基礎もないのに体力があるしアウトドア経験があるから、いきなり鬼ヶ島へ行きたいとか、小豆島へ行きたいとか言って来る方がおられました。カヤックの場合は、アウトドア経験や体力は重要な要素ではありますが、それだけでは無謀なツアーになってしまいます。もちろん判断力があれば技術は不要ということは絶対にありません。カヤックの基礎技術はいくら積んでも積み過ぎと言うことは決してありませんので、これからカヤックを始めようという方は、是非ともしっかりした基礎技術を身につけて頂きたいと思います。基礎技術に経験や判断力が伴えば、フェリーを利用するツアーなんて考えは100%生まれません。

お休みは確保していたにも拘わらず、先週のツアーに行けなかった田中さんは、その分を取り返すべくラサ-Xを、何度も何度も裏返しておられました。レンスーの楽しさ面白さをご存じない方が、その光景を見たらきっと思うでしょう。何故そんなに転覆復元を繰り返すのか?と。その答えは、見えないラインが見えてきたからですと、答えておきましょうか?!
我々が毎週のようにレンスーしていることを自慢するつもりは全くないが、カヤックツアーに出かける前に、ほとんど練習らしき練習をしないで、すぐにツアーに出かけるところが結構あるように見受けられます。個人にしろ倶楽部にしろスクールにしろ、ツアーに必要なパドリング技能&技術について、もっともっと考えてみる必要があるのではないだろうか?カヤックの本当の楽しみがどこにあるのか、特にカヤック業者は真剣に考えるべきだと思います。
ヘルメットに何やら装置を取り付けてレンスーしているのは、誰あろう茨木さんですが、このところのラベルアップの度合いは目を見張るものがあります。昨年の今頃ロングロールで苦労していたのが、ウソのようです。先日の汐見島ツアーの時は、ワタクスが眠っている間に、初ハンドを決めてしまうし、いつのまにか知らない内にダウンワドロングもすんなり上がるようになるし・・・ここまで来れば、どんな事情でラベルダウンしても、また元に戻れるラインは確実になったのでは・・・。
色々な技術を習得すると、すぐにツアーへと考えるべきではありません。その前にその技術を色々な状況で検証していかなくてはなりません。潮流が流れているエリアで、激潮部で、波打ち際で、沖合で、という風にレンスー環境を変えて、色々な技術を試してみるべきだと思います。もし激潮部でできなければ、それは完成された技術ということにはなりません。ロールやバランス技術なども、こうした荒れた海でできなければ、意味がないとは申しませんが、実践では使えない技術と言うことになります。
午前8時30分にスタートしたスクールは、夏場は午後5時30分から6時頃に終了します。上記写真はカヤック撤収中ですが、ヘロヘロになっている方はひとりもいません。およそ1日の実質レンスー時間は、4~5時間です。少ない人でも2~3時間はレンスーします。そしてその練習方法は、連続的ではありません。断続的です。カヤックスクールだからカヤックだけの話をしている訳ではありません。
ワタクスはいつも変な思いつきで変なポーズを要求してアクティブな写真を撮ろうとしていますが、この日は何をイメージしてポーズを要求したのか、思い出せません。でもまぁ何かを楽しんでいるオブジェのようなポーズに、この日一日が非常に楽しかったことを物語っていればそれで良いかな・・・と思っております。またこんな意味不明な写真を見て、何か楽しそうだなと感じられた方は、是非ともCSCの門を叩いてみることをお勧め致します。

2008年6月24日火曜日

汐見島探検ツアー その3

一見して海は、どこを漕いでもどこを進んでも良さそうに見えます。物理的には、どこでも漕いで行ける訳ですが、実際はどこでもという訳にはいきません。フェリーにしても貨物船にしても漁船にしても、だいたい決まったルートを進んでいるのではないでしょうか。いつもよく見かける釣り客を乗せる渡船にしても、いつも決まったコースを行ったり来たりしています。ワタクスはシーカヤックでも同じようなことが言えると思います。フェリーや貨物船よりは遙かに自由が利きますが、そして色んな場所へ上陸できますが、そうかと言って好き勝手にコースを決めてツアーをするのはどうかと思うのであります。

航路横断にしてもしかりです。その日の天気や海の状態、そしてメンバーの技量に合わせて横断ルートが決まって来ます。ある場所は西からの船舶が猛烈に追い抜きをかけてくる場所であったり、また他の場所はターニングポイントであったり、逆走の大型船がやって来る可能性がある場所であったり、航路と激潮部が錯綜する場所であったりと、海は場所によってその特徴が異なります。また同じ航路であっても船舶によっては、基本線よりも外であったり内であったりしますので、その辺の状況判断が非常に重要です。浦富シーカヤック倶楽部会長のカヤックはノーライトデザイン社製:ケブラーチニータです。このカヤックはラダー付きシーカヤック:ツカーラから誕生したグリンランドタイプのカヤックです。ラダーもスケッグもありません。必要ありませんと言った方が良いかも知れません。チニータの特徴は、荒れた海でその威力を発揮します。もちろん全くパドリング技術がない方が、自由自在という訳にはいきませんが、基本的パドリング技術をマスターしている方であれば、パドルの動きに非常に敏感に反応してくれます。デッキを低く抑えてありますので、強い風が吹いてもその影響を受けにくい構造になっています。日本海の荒れた海にも対応できる性能を持った優れもののカヤックです。
未来の袖ヶ浦シーカヤック倶楽部会長のカヤックは、これまたノーライトデザイン社製のシオン-Xです。フルカーボンシーカヤックで重量は僅か14kgです。グリンランドタイプのカヤックですが、初期安定は非常に良く、少し傾けると、一定の角度でピタリと止まります。そして長さは470cmですが、荷物を満載してもスピード性能は全く衰えず、シャープで快適です。更にロールなどの習得にも非常に適したカヤックで、ハンドロールなども非常にやりやすいカヤックです。チニータ同様強風の影響を受けにくく、荒れた海でも安定した漕行性能を持っています。
CSC広島支部長のカヤックは謎のブラックキャットと言うことにしておきましょうか。常に多方面に渡り研究熱心なことは、もう誰もがご存知ですが、今回は新兵器でのディナーを大変ご馳走になりました。シシトウにシャウエッセンに竹輪にその他色々とご馳走になりました。お陰で僕は元気ですって、昔誰かが歌っていましたが、コンパクトカヤックにあれだけの準備はなかなか大変だったと思います。 レンスーに関しては、20mCPC挑戦の時に見ていなかったのが、心残りですが、是非また五兆千下さい。背泳CPCも見たいものです。
辺りは少しガスってはいますが、ベタ凪ぎ状態の瀬戸内海です。朝食を早く食べたせいか、お腹が空き空きになり、フロントハッチ内から食料を取り出している香川支部長。帰りの支部長のパドルは僅か2mのツイギィパドルでした。ブレードはノーマルでいわゆるストーム系のパドルです。これはレンスー用でもありますが、予備パドルにもなります。通常パドルだとスピードを出し過ぎるので、この予備パドルで、戻って来ました。それでも他の皆さんよりはまだ速いのですから何というパワーなのでしょうか!
汐見島ツアーは毎年実施しておりますが、今年もまた新鮮な内容でした。いつものメンバーもいれば新しいメンバーもいます。そしてフェリーも使わなければ、港湾からの出艇も絶対にしません。小さな海水浴場から出航して、小さな浜へ向かいます。その浜には、何もありません。お店もなければ、宿もありません。そこへ行くために、あるいはまた別の島へ行くために、常に我々はレンスーを心がけています。セルフレスキューができない人は、参加できません。ちょっと風や波があるとフラフラする人は、絶対に無理です。しっかりレンスーして技術を磨き、もちろんそれがすべてでは無いことは、メンバーの誰もが知っていますが、コツコツと技術や経験の積み上げを意識している人達と行く場所は、実はどこでも楽しいと思うのです。今回もまた非情に有意義な2日間でした。 ワタクスも昔は非常に長いカヤックや大きなカヤックに乗っていました。それは実は何も知らなかったからです。大きなカヤックだといっぱい荷物が積めますし、長いカヤックだと一般的にスピードが速いし、それがまた格好良いとも思っていました。それはまだノーライトデザイン社のカヤックに出会う前のことでした。しかしノーライトデザイン社のチニータに出会ってからは、カヤックに対する考えがガラリと変わりました。それまでにも小ぶりなカヤックは持っていましたが、とにかく自分には全くサイズが適合していませんでした。帯に短し襷に長しと言った感じで、しっくり来るカヤックは、ありませんでした。
昼頃の撮影でしたが、少し空が晴れて明るくなりました。上記写真のカヤックはラサMSですが、これが今もっともCSCにおいて普及しているカヤックでサイズです。このサイズですと、かなり小柄な方から大柄な方まで対応できます。長さは僅か485cmで幅は57cmです。しかしカヤックのボリュームはとても小さく抑えられていて、重量もケブラーで17kgです。ケブラーと言えばカレントデザイン社などのケブラーのように樹脂をべた塗りして結果として、FRP製のカヤックと何ら変わらない重いカヤックを想像される方が多いと思いますが、ノーライトデザイン社の特殊加工で非常に軽く仕上がっています。そしてケブラー特有の超まろやかな動きを味わうことができます。
我々は予定よりも島を早く出発して、昼過ぎにはいつもの極楽島に戻って来て、昼食後にはまた荷物を降ろして、レンスーを楽しました。ワタスは身体と心に支障を来しており、またしても熟睡しておりましたが、時折香川支部長の大きな声が聞こえていました。昨夏ロングロールを覚えたばかりの茨木さんのハンドロール初上がりの歓声だったのです。また皆さんそれぞれがそれぞれの課題にアプローチをして、新たな課題を見つけられたことと思います。

今回のツアー中に考えていたことは、カヤッキングはどうあるべきかを考えず、お金儲けを優先して考えると、将来は規制ばかりがかけられて、カヤックではもうどこにも行けなくなる可能性は充分にあるということ。カヤッキングに最低限必要な技術と経験とは・・・?カヤックツアーはどうあるべきか?カヤックスクールは何をどのように教えるべきか?カヤックガイドはツアー催行の以前にアウトドア活動がどうあるべきか?をプロの業者はもっともっと真剣に考えて頂きたいということ。安易なシーカヤックツアーがもたらす結果は、公園の遊園地の池以外は乗れないと状況を作りだしてしまう可能性があるということを、一度真剣に考えてみて頂きたいと思うのであります。

汐見島探検ツアー その2

目的地に到着して、テントを張り休憩していると、ワタクスはいつの間にか眠りに落ちてしまいました。気が付くと既に皆さんは入り江でレンスーモードに突入していました。そんなときには、一体誰が教えるンですかって疑問の方もおられるかも知れませんが、技術体系や指導体系がある程度整えば、いつもいつも誰かが指導していなくてはならないということは全くないのです。各自がそれぞれのテーマに向かってやるべきレンスーを少しずつこなしていけば良いだけの話なのです。
いつもストレッチに励む香川支部長殿ですが、それほどの長時間は必要ないとのこと。ワタクスはかなり長時間のストレッチをしているが、なかなか身体が柔らかくならない。身体が柔らかいとカヤックの色んな技術を吸収するのに、非常に役立ちます。柔らかければそれで良いというものではありませんが、柔らかいとそれだけ吸収する時間が短時間で可能となります。
カヤックのレンスーを終え着替えを済ますと次は、ハーモニカレッスンの指導を受けられる方もいました。ハーモニカの先生は、いつも合宿やキャンプツアーの時に、心に染みいる素敵な曲を演奏して下さる絹本さん。習っているのは、ハンドロール完成まであと僅かの段階にまで到達した茨木さん。何でもそうだと思うのですが、何かに取り組むときには、やはりその世界に入り込む努力が本当に大切ですね。しかも、基本事項をみっちりレンスーすることも。
天気予報では日曜は昼頃まで雨模様ということだったのですが、有り難いことに夜明けと共に雨は上がりました。前夜のミーティングでは昼頃の出航予定でしたが、予定変更して10時過ぎには島を後にして、帰還することになりました。 今回使用したカヤックのサイズは、長さが4.8mくらいで幅が55cm~57cm、重量は14~17kgの超軽量コンパクトカヤックです。すべてノーライトデザイン社製のものです。1泊2日から2泊3日程度のキャンプツアーなら、この程度のサイズのカヤックで充分です。
一晩降り続けた雨は、夜明けとともに上がり、帰りも心地よいパドリングをすることができました。沢山の水分が蒸発し始めて辺りはガスが立ちこめて視界が若干悪かったのですが、航路横断には支障はなく、スムーズに戻って来れました。もう少しガスっていたら、航路の横断は時間をずらす必要があったでしょう。他のカヤッキングエリアのことは良くは知りませんが、この備讃瀬戸エリアでは、梅雨時はカヤックツアーにある意味で適した時期と言えるでしょう。もちろん豪雨や雷は避けなくてはなりませんし、強風波浪も嬉しくはありません。しかし、だいたいこの時期は雨が降っても長引かず寒くなく、海水温度も暖かいので、過去に於いてあまり苦労した記憶がありません。ワタクス個人的には真夏の炎天下のツアーよりも、こうした曇り空の天気の時の方が、ツアーは気持ちよいと思います。
我々は通常の週末は、往復5km~8km程度の距離しか漕いでいません。片道2~4km程度です。往復に要する時間は30分から60分程度ですが、これは一種の準備運動と整理運動と考えています。もちろんツアーのレンスーにもなっています。そしてレンスー島では、いつも色々なレンスーをしています。各自のテーマに従って、段階的にレンスーを継続していきます。この汐見島ツアーも、そうした日頃のレンスー基盤の上に初めて成立しています。
雨上がりの幻想的な風景です。こういう景色を見て、オラもワタスも行きたいと感じられる方が沢山いるなら嬉しいですが、レンスーもせず、基本技術もマスターせず、ただただインチキガイドのいいなりになって、どでかいカヤックを用意され、いきなり遠出をするようなことだけは絶対に避けて欲しいと思います。セルフレスキューはもちろん、転覆したら確実に起きあがれる技術を最低でも1種類以上はマスターして、1日に20~30kmは楽勝でパドリングできる程度の状況は創り出してからでも決して遅くはありません。カヤックのレンスーはいくらやってもし過ぎるということは絶対にありませんので、自分の命を守るということだけでなく、カヤッキングの本当の面白さや楽しさを見つけて頂きたいと思います。

続く

2008年6月23日月曜日

汐見島探検ツアー その1

梅雨時のツアーで、雨を心配するのも変な話ですが、土日の天気が少し気になっていました。ほぼ予報通りの天気でしたが、日曜は夜明けと共に雨も上がり、結局は土日とも昼間は曇った状態で、ツアーには最適の気温でした。土曜日の夜中はずっと降り続けていましたが、テントの中は快適そのものでした。

暑くなく寒くなく風もなく非常に穏やかな海上を心地よくパドリングできました。いつも見慣れた光景ですが、この梅雨時独特の「山水画」の瀬戸内海を堪能しました。この時期にもっとも気を付けなくてはならない状況は、雨が降った後のガスの発生で視界がすこぶる悪くなることでしたが、幸いにも往路は全く問題ありませんでした。

参加メンバーは、いつもレンスー熱心な常連メンバーの方ばかりでした。常連メンバーでなくてはならないということでは決してありませんが、今回はたまたま常連の方ばかりでした。海が荒れても、潮流が大河のようになっても、強風が吹いても、転覆の可能性はゼロまたは数パーセント。1日に30~40kmは問題なくパドリングもできるし、島に少しの空きスペースがあれば、どこでもビバーク可能な経験を積んでいます。 こうしたカヤック経験や技術をしっかり身につけたメンバーと一緒に出かけるツアーは、行きも帰りもパドリングの心配をしなくて良いから、その意味で非常に気が楽でもあります。誰か沈脱しないだろうか、どこかでパニックに陥らないだろうか、疲れは大丈夫か等と、心配する必要はほとんどありません。カヤックツアーに出かけて行くときに、キャンプ地を予めどこにするかは決めて行きます。そしてその場所に、どのような付属施設があるのかないのか予め調べておきます。以前に初心者を連れたツアーを遂行しているカヤックガイドに、「どこか良いキャンプ地はないですかと」尋ねられたことがあります。それも出航地からそう遠くない島々を右往左往しているような感じで、アバウトなガイドもいるものだと驚いたことがあります。
航路横断の直前ですが、だいたいの航路の位置関係とやって来る船舶のバウラインに着目します。航路横断のポイントは航路に近寄りすぎず、離れすぎずです。それと間違っても宇野港や高松港を利用してはいけないということを、これからカヤックを始められる方は頭に叩き込んでおいて下さい。それと航路横断するポイントは、法律で定められているわけではありませんが、どこでも良いということではありませんので、安易に真似をしないで下さい。


航路を横断して、島をいくつか経由して、小豆島の近くまで来ました。不思議なことに、ダイレクトに行くより遠回りをして行く方が早く着くような気がしました。1日に30kmから40kmも漕げるシーカヤックだが、やはりそれなりにレンスーや訓練をしないとなかなか難しいような気がします。初心者にいきなり30~40kmを漕がせるのは無謀でしょう。また危険が伴います。だからといって、フェリーを利用したカヤックツアーをするのも大いに疑問に思います。それは、お金儲けではあっても、神聖なるアウトドア活動とは、かなり酷くかけ離れているように思えて仕方ありません。シーカヤックと人間に対する可能性を否定していると同時に大いなる冒涜ではないかと思うのです。
フェリーを利用したカヤックツアーやそうした行為が陥る危険な港湾利用のカヤックツアーは、引いては危険時期ツアーにも発展する理由は、ワタクスにはよく分かりませんが、カヤッキングを楽しむ基本的スタンスが、本質からずれると、そういった傾向が強くなるのでは・・・と危惧しなくてはならない状況が年々強くなっていくのを感じます。これはジェットスキーの暴走行為や騒音などの迷惑行為よりも更に悪質と考えざるを得ません。更に問題な点は、迷惑をまき散らすジェットスキーの連中でさえ、自分たちが良いことをしているというよりも、どちらかと言うと肩身の狭い思い(?)で乗っているようですが、備讃瀬戸でのシーカヤッカーの三位一体的悪行は、やっている連中が「善行」だと思っているところが、悲しいというか情けない。しかも、尚悪いことに、一般のカヤッカーではなく、業者が中心になってやっていることに、憤りさえ感じずにはおれません。

このツアーとは関係ないことばかり書いて申し訳ありませんが、ツアー中ずっとこういうことを考えていました。ワタクスがカヤックスクールを止める最大の原因のひとつが、この三位一体的悪行が備讃瀬戸で行われているという現実。カヤックスクールを止めて、何をするのかはお楽しみに。まずどこの業者が、誰がやっているのかを、できるだけ一般の方々に知って頂くつもりです。もう完全に腐ってしまった業者に話しても始まりませんからね。 我々は、早々と目的地に到着して、テントを張り食事をしてから、早速大きな入り江でレンスーを始めました。何故ツアーに出かけてまで練習ではなくレンスーをするのですか?そんな疑問をお持ちの方もいるでしょう。それはツアーをより一層楽しくするからとお応えしておきましょう。またレンスーはすればするほど「水の心」が分かって来ます。「水の心」が分かれば、「人の心」もより分かって来るような気がします。そして何よりも、フェリーなどを利用したりする気持ちは、なくなることはあっても湧いてくることは1000%ないでしょう。また港湾からカヤックを出すような行為は超愚かであることに気が付くでしょう!

続く

2008年6月18日水曜日

カヤックツアーを楽しむ前に



カヤックに乗っている人達を大きく2つに分類するとどうなるのでしょうか?色んな基準が考えられるが、ワタスは日頃から熱心にレンスーすることを好む人達と、できるだけそう言う状況を避けて漕ぐことを楽しみたいと考えている人達に分けることができるのではないかと考えています。

我々はいつもいつもレンスーをしている訳ではありませんが、心の中ではそうしていたいと考えています。上記写真の竹内さんもその内のひとりです。彼はまだカヤックを始めて間がありませんが、カヤックを始める以前から海に慣れていて、水を怖がらず、既に初心者の域を遙かに超えて来ました。これからが非常に期待されるひとりです。

出艇地からレンスー島まで2~3kmの距離を漕いで行き、そこで終日レンスーをして4時過ぎにまた同じコースを戻って来ます。つまり往復5~6kmを毎回レンスー以外で漕いでいることになります。大した距離ではありませんが、この間には、海の色々な状況があります。風が強いとき、潮流が速いとき、うねっているとき、大型船が通過しているとき、釣船がいっぱい浮かんでいるとき、それは毎回違っています。

まだ始めたばかりですが、毎回ロングロールが確実になっている西脇さんは、熱心過ぎるほどレンスー熱心です。非常に上手く上がれるとき、やっとのとき、全然ダメなときが入り交じっていますが、徐々に上手く上がれる確率を高めておられます。そして失敗をしてもすぐに沈脱をせずに、何度もセットのやり直しができるようになったのもひとつの向上と言えます。

転覆の瞬間ですが、転覆時のドボンという音も小さくなりました。そしてパドルで水面を叩かないようになりましたので、次回は最後の仕上がりの部分を確実に纏めていけるように、その部分のレンスーをやりましょう!

この土曜日は、一旦事務所まで戻りましたので、スシローで夕食をとりました。このような食べ物の写真をブログなどに掲載するのは、誠に持って不本意極まりないのですが、このウニの映像だけは特別です。2週間海に出られなかった茨木さんに、この映像を気持ちを込めてプレゼントします。

非常に楽しそうな表情の前田さんですが、どことなく「笑うセールスマン」の口元にも似ています。決してセールスマンではありませんが・・・。頑張らないことを頑張るのが彼のモットーではありますが、一時的には張りきって頂きました。少し肌寒い1日でしたが、それぞれに課題を持って有意義な週末でした。

趣を変えて、いつもとは違う浜に上陸しました。岩がゴロゴロしていますが、部分的に砂浜があり、それなりに長所も備えているので、偶にはこういう場所でも楽しまないといけないですね!

この日の休憩時の話題は「観覧車」でした。観覧車をどのように楽しむのか?どのように観覧車へ導き、どのように短い時間を過ごし、どのようにアプローチして、人生をバラ色に転換していくべきか?一度も乗ったことがないワタクス、良い勉強になりました。いやぁ~、観覧車って、本当に楽しい乗り物だったんですね!

このほとんどカヤックに乗らなかったカズミコリンは、ひとり自然観察会に徹しておりました。特にヤドカリ観察に関しては、既に権威の域に到達しているのでは・・・?ヤドカリ同士の宿の奪い合いを見て、すかさず別の場所から適当な宿を見つけては、ボランティアでレンタルを開始した模様です。まぁ言ってみれば家賃を取らない不動産業を始めたようですが、いつかヤドカリの恩返しもあることでしょう!



さて皆さん、この写真は何だか分かりますか?これはいけすを取り囲む石垣ですが、赤い線が2本引いてあります。最近の海面上昇を説明しようとしています。5年くらい前までは、大潮の満潮時でも下の赤い線くらいまでが限界でした。しかし最近では、大潮の満潮時には簡単に上の線まで海面が上がって来ます。ワタクスがカヤックを始めた頃は、もう15年以上も昔は、決してカヤックに乗ったままいけすの中を見ることはできませんでした。それが最近では潮位が高いときは、カヤックに乗ったままいけすの中に入って行くことができます。もちろん入ったことはありませんが・・・。

因みにいつも行く島々の砂浜部分も年々狭くなって来ているように感じます。大潮時に台風が来ると、潮が島の内部に入り込んで、通常は陸上部分の大半が水浸しになります。それこそそこに水溜まりができてしまう訳です。詳しい原因は分かりませんが、温暖化が原因であることは間違いないでしょう。そして、我々がいつもお世話になっている島々の浜が海水で埋まるのも、時間の問題ではないかと思います。

2008年6月6日金曜日

NJKの技術体系&技術指導

これまでワタクスが積み上げて来たカヤッキングの技術体系や技術指導は、部分的にしか記録に残っていません。特に技術の関連性については、非常に重要であるにも拘わらず、ほとんどのインストラクターに理解されていません。それはカヤックの雑誌を見たり、有名な方々の技術を見れば一目瞭然でしょう。しかし技術の関連性が分かると、その指導方法もいとも簡単に分かって来ます。その関連性に従ってレンスーしていけば、自然に技術力が身に付いて来るわけですが、そうした関連性や指導法なども合わせて、記録に残しておくようにします。

それと、ワタクスが自分で製作しようと思っていた近海用のショートサイズの超ローデッキタイプのウッドシーカヤックに関しては、だれか手先が器用な方が製作して下さい。もちろんスクーリングでも使える充分なる安定性を保持した、全くグリンランドタイプではない備讃瀬戸タイプとでも言っておきましょうか?!このカヤックを作ってから止めようと考えていたのですが、少し気が早まってしまいました。

おっと、だからって裁判関係の作業は順調に進んでいますから、「安心」してくださいね。これは最後までトコトンボッチンで臨みますので、あっちこっちワタクスの宣伝をして下さった方々は、首を洗って待っていて下さいね。カヤックスクールを止めるからって言っても、ありもしない噂を流されたことをあっさり流す訳にはいきませんからね。またカヤックを止める訳でもありませんからね。また三位一体的悪行を行っている連中は、これからも監視していきますからね。もうひとつは、カヤックのイントラの資格を持って自慢している方は、しっかり腕を磨いておいて下さいよ。飲酒パドリングしているガイドやイントラは、どこで写真を撮られるかも知れないので、充分に気を付けて。

またしょうもないことを書いてしまいましたが、話を戻して今年中に誰かに「免許皆伝」を・・・と考えています。ただ単にロールができるとかハンドができるとか、そんなことはあまり重要ではありません。技術体系が分かって来ると指導法も良く分かって来ますし、カヤックの善し悪しも分かって来ます。ここで言う善し悪しとは、売れるとか売れないとかはあまり関係ありません。技術体系がよく分かっていると、1種類のカヤックで4~5種類分あるいは、それ以上の種類のカヤックを作った効果を生み出すことができます。逆にほとんど技術体系が分からず、売れるカヤックばかりを意識して生産しているところがあるとすれば、新しいカヤックを5~6種類作っても、また次に新しいカヤックを作っていかなくてはいけません。どのカヤックにも短所は付き物ですが、沢山短所を持っていると、必ずそれらは淘汰の対象になります。生き残っていくカヤックと淘汰されるカヤックを見抜く技術力を持った人に「免許皆伝」を考えています。

その他にも、支部長の許可を得て、スクーリング活動に必要な要素を志度湾倶楽部へできるだけ、移行移転しようと考えております。

2008年6月5日木曜日

旭川ハーフデイ自然観察パドリング

防水カメラを持って行くのを忘れたので、写真なしレポです。 第一回旭川ハーフデイスクールは、その日の参加者&天候&気温&その他の状況によって大きくその内容が変化します。いわゆる臨機応変というヤツですね!

このところ気温&水温ともに上昇来ていますので、河でロールレンスーでもしようと思っていました。しか~し、天気は良くなったものの、河川敷には相当涼しい風が吹き込み、身体が濡れると、ひんやりして寒いほどでした。水量はさほどいつもと変わらぬ程度とは思いましたが、特別に流れが速いと感じました。

持って行ったカヤックはラサS1艇・ロデオ艇1艇で、つまり参加者はお一人でした。スタートは午後1時から予定していましたが、なんだかんだとお話をしている内に2時近くになり、パドリング開始。およそ1ヶ月ぶりのミドリ先生がラサに乗り、ワタクスがこれまた非常に久々にネッキーのロデオ艇に乗り、まずは身体慣らしから。

河の反対側は、草と木に覆われて、動物たちには絶好の住処になっていて、この日我々が遭遇したのは、川鵜・鴨・餌取りをするヌートリア・泳ぐ蛇・鯉・ウナギなどでした。この草木に覆われた河の中の小さな無人島の周辺を遡航したりダウンリバーしたりしてい内に、気が付くともう夕方になっていました。

カヤックを片付け、着替えも終えたのは6時30分ごろでしたか、車からミニパラを取り出したミドリ先生は、そよ吹く河川敷の風と戯れ始めました。戯れると言う表現は正しくはないかも知れませんが、ミニパラで操作のレンスーを始めた訳です。しばらくすると、近くを散歩していた人達の視線が集まり初め、気が付くと先週ここでカヤッキングをしていた、Mr.フリーマンが我々の臭いを嗅ぎ付けて登場。

3人の会話はいつしか井戸端会議に発展して、「車上生活」「気まま生活」「ニュージー」「サーフィン」「スノボー」「パラグライダー」「居酒屋」などの話で盛り上がり、色んな生き方があってこそ人生は楽しいと、気が付くと辺りはもう真っ暗となっていました。

ミドリ先生&フリーマンさん、どうも有り難うございました!今度はカメラ持って行きます。

2008年6月2日月曜日

通常レンスー会

このところ激務に近い猛レンスーに励むツカーラ氏だが、手に持っているのは何でしょうか?ハンドパドルにパドルフロートを差し込み、お笑い系ハンドに挑戦して頂きました。パドルフロートは、廃棄処分の発泡スチロールを使ってワタスが作りました。サイズ的にはグリンランド系パドルにピッタリのようです。買うと3500円、作ると200~300円。
集合した時は、雨が降っていて寒く、ほとんど出撃気分はありませんでした。しかし昼前には、完全に雨は上がり空は明るくなり気温も上昇して、やっとレンスーモードが出て来ました。水温はもう全然大丈夫の温度に成長しています。フォローで腰まで入っても、冷たくありません。

この日は、新人で3回目の方、5年ぶりくらいの方、常連の方が集まり、それぞれ思い思いのレンスーモードへ突入して頂きました。仕事が忙しくカヤックモードから遠ざかっていた方が来てお話をしていると、「歳月人を待たず」「光陰矢の如し」と時間の経過する早さを身に浸みて感じます。
そう言えば、ツカーラ氏とも昨年5月頃にお会いしてから、もう1年が経過してしまいました。この1年間はレンスー三昧でした。ほとんど毎週土曜日は、極楽島で朝から夕方まで、世間話をしながら、地道にレンスーに取り組んで頂いたことは、きっとこの海が証明してくれるでしょう!

参加3回目の方ですが、この日は既にロングロールの習得過程に入りました。3回目ではありますが、初日は寒い寒い大雨が降り、1時間も乗ったか乗らないか程度でしたから、実質2回目と申し上げた方が良いでしょう。午前中1時間午後1時間の予備練習をして頂き、直接指導は約10分程度で、初上がりを経験して頂きました。


日曜日には同じく参加2回目の新人の方のロングロールへの導入が始まりました。やはり午前1時間午後1時間の遠隔指導による、予備練習をして頂きました。その間、ワタスは実は何も指導らしき指導など全然致しません。まぁ時々、口を挟む程度です。「生意気なこと書きやがって」と腹立たしく感じられた方には、申し訳ありません。他に取り得も自慢するモノを持ち合わせていませんので・・・。そして同じく10分ほどの直接指導でロング初上がりを経験して頂きました。

まだ修正するべき箇所はいくつかありますが、まずは初上がり成功です。この日は、転覆してから上がることの面白さを存分に堪能して頂きました。一体何回転覆して頂いたことでしょう!次回が大いに楽しみです。今回の予備練習はプロセスをひとつ省略しましたので、その分を次回はレンスーしてから、また本格レンスーに入りましょう!

予備練習の具体的な方法については、企業秘密でしてここでお話する訳にはいきませんが、道具さえあれば、誰でも簡単にロールをマスターすることができます。もちろん上記の動画のお二人のような熱意がまずないと話にはなりませんが、逆に熱意だけではカヤックは復元はしません。揃える道具は、ノーライトデザイン社のラサにライトウッドパドルキャブラックワイドにグリンランド系パドルフロートがあれば、誰でも簡単に覚えられます。

因みにロングロールを習得してからハンドパドルロールまでのプロセスは、レンスー頻度にもよりますが約1年くらいでしょうか?!夏期合宿とか秋期合宿とか利用すれば、もっと短期間で習得可能でしょう。またロングロールの習得は、運動神経など特別なモノを備えていなくても、普通に自転車に乗れる神経があれば、1日もあれば上がれるようになります。スクールなどに行ってもなかなか教えてくれないのは、簡単に指導する方法論を持っていないのと直接収益に結びつかないからだろうと思われますが、こんなに簡単な技術を、指を加えて見ているだけと言うのは、とても残念に思います。