2008年5月28日水曜日

OC1ロール初上がり&水踊り

志度湾でOC1ロールを成功させた時のツカーラ氏の映像です。ツカーラ氏はこのロールのレンスーを始めてからまだ2日目くらいですが、因みにワタクスは初上がりまで約3ヶ月かかりました。なかなか上がらず悔しい日々が続きましたが、ひとりで海へ出て何回かレンスーしましたが、ハンドロールの5年と比べるとかなり短期間でした。ですからツカーラ氏の初上がりは、実は驚異的な早さと言えます。もっとも1日のレンスー量は半端じゃあ~りませんから、次回のレンスー日には、かなりの高確率が期待されます。

香川支部長の水踊りです。この映像を見て実にバカバカしいと感じられた方は、一度こういうことを他のみんながいる前でやって見て下さい。しかも堂々と、楽しく馬鹿馬鹿しくやってみて下さい。そして周りから馬鹿にされたら大成功です。またまるでガキのように水の中で暴れるこの映像を見て、馬鹿馬鹿しくも何か核心的なモノを感じられたら、きっとあなたはスゴイ本物かも知れません。

2008年5月20日火曜日

指導しちゅえ~しょん

先週の土曜日とうって変わって5月では暖かいサイコーのコンディションでした。この日は熱心にレンスーするお二人とやりたいと思うときしかやらない石井君と極楽島で過ごしました。ツカーラ氏はまずは確実なHPロールを、そして新人の方には、基本中の基本を徹底的に反復レンスーして頂きました。

新人の方にはラサS+キャブラックWで、特に回転とリバースを集中的にやって頂きました。フォワードストロークはどうだったのか?当然これやらなきゃ前に進まない。じゃ前に進めばそれで良いって訳にもいかない。肩の力を抜いて腕漕ぎにならずスムースに漕げるようになるには、相当の時間がかかる。カヤック初日に一番気を付けて頂いていることは、腕漕ぎにならないこと。頭がフラフラしないこと等。午前9時過ぎから休憩を挟んで夕方5時までみっちり基本レンスーをして頂きました。
ツカーラ氏はシオン-キャブラック(シオン-X)+BH+HPの形で、HPでの上がりの確実性を高めて頂きました。ただ単にHPで上がるのが目的ではなく、ハンドロールで上がれるようにするためのHPのレンスーをして頂きました。前から後ろから、右から左からと転覆の位置を色々と変えてやって貰いました。
因みにツカーラ氏は昨年の今頃はロングロールを習得したばかりですが、現在はハンドロール初上がり目前まで到達されています。別にシーカヤッキングを楽しむのに、ハンドロールはできる必要は全くないですが、何故ロングやショートが確実にできるようになると、次なるステップを人は求めていくのでしょうか?逆にロングロールさえ覚えようとしないあるいはいくら「練習」しても上がらない人は、どんどんレンスーから遠ざかっていくような気がします。
新人さんには、特にこのリバースストロークをしっかりレンスーして頂きました。この写真を見て、「オイオイ、初心者ってのは、嘘でしょう!何年も乗っていて、久しぶりだからそう言っているだけでしょ。」って思って頂いて結構です。が先週寒い雨の中を往復で約1時間漕いだ経験があるだけです。しかし、この方は非常にレンスー熱心なツカーラ氏のレンスー時間を超えて熱心でした。次回は、もうロングロールに入ります。天気が良ければ、早くて午前中に、遅くても夕方までには、初上がりして頂きます。
カヤックが転覆して、キールラインに沿って頭が見えたら、それが何を意味するのかは、知らない方はいないでしょう。この時の沈脱の原因はふたつ考えられます。ひとつはセットの位置が分からなくなることから来る沈脱。もうひとつは「低体温症」から来る失敗。レンスーの前半はバカスカ上がっていたのを考えると、主な原因は「低体温症」ではないかと思われます。暖かくなったとは言え、何度も転覆復元を繰り返していると身体が冷えてきます。冷え切って動きが悪くなる限界点を超える前に、サッとレンスーを切り上げて休憩に入ることも、是非次回考慮に入れてお願いします。

このところほとんど沈脱を経験していない石井君だが、ストレッチも予備練もせず、いきなりやるとやはりこういう結果になるようです。それとその日の体調によって、結果を予測するすることも大切ではないかと思うのです。それによって、デッキに揃える保険の内容や種類も変わってきます。もちろん体調が良くてサイコーのコンディションなのに全然上がらないと言うのは、レンスー量が基準値に達していませんので問題外ですが、やる前にある程度どのような結果になるかを確実に把握できるか否かは非常に重要ではないかと思うのです。

2008年5月14日水曜日

本村散策

本日は所用で宇野から小型船に乗って本村(直島)へ行って来ました。宇野から本村まで約20分で到着。シーカヤックだと約1時間くらいでしょうか。もちろん宇野港から直接シーカヤックを出すなんて愚かなことは絶対にしませんが・・・。これまで本村の港の近くへは、シーカヤックで数え切れないほど来たことがありますが、本村へ上陸したことは一度もありません。

これが小型船の船内ですが、写真で見るとなんと結構綺麗に見えますが、相当に古い代物です。椅子に座っているとエンジン音が直接身体に伝わって来ます。天井や窓枠の作りが、子供の頃に利用していた国鉄の列車の車内の作りに良く似ています。多分同じメーカーが作ったのかも知れません。でも窓の外は瀬戸内海と言うのが何とも妙な感じでした。色んな意味で複雑な気持ちでした。

窓の向こうに見えるのが、玉野競輪場方面。ここからは見えませんが、山の上に看板だけがよく見えます。この看板を見ると、私営ギャンブルは駄目で何故公営ギャンブルはやっても良いのかといつも思ってしまうのです。しかも不思議なことに、私営ギャンブルは駄目だと言いながら、窓口の操作だけで実質認められている訳ですから、大人の世界は欺瞞に満ちていると、子供達が思っても不思議はないし、世の中に対する社会に対する不信感は増幅されることはあっても、縮小されることはないだろうなぁ・・・。
ふとそんなことをボンヤリ考えていたら、船は動き出しました。窓の外の景色は、一気に海の景色に替わりました。三井造船の工場を右手に見ながら、船は家島の西よりに進路を取りました。基本的に船は右側通行だが、直島と諸島の間を南に向かって進むときには、ワタクスはいつも左よりのコースを取ります。その詳細理由は説明しませんが、左を通行した方が安全だからです。そしてこの初めて乗る小型船も左よりの進路を取りました。

乗っている20分はあっという間に過ぎて、本村へ到着です。この程度の距離であればシーカヤックで来ても良かったのですが、雑用に追われていてカヤックを出したりしまったりウェアーを着たり脱いだりするのが鬱陶しかったと言うのが正直な気持ちですね。かと言って観光気分やお散歩気分で着たわけではケッステありません。またこのところ人気を集めているらしい「家プロジェクト」にも興味があって来たわけではありません。

およそ地元の人と思われる10人くらいの乗船客と一緒に小型船を下りました。海に白波が立つほどの風が吹いていたが、船から下りるとその風が、心地よく全身にぶつかって来ました。長時間当たっていると、寒いほどの強さだが、集落の中に入って行くと、すぐにその風はもう全く感じなくなりました。

本村に入って最初に目にしたのが、この「空き缶アート」のお家でした。「お店」と言いたいが、お店の構えではなく、民家そのものでした。うどん屋にしては値段が高いなぁと玄関前に置いてあるメニューを良く見ると、うどんの「う」の字もなく、・・・・うぅ~どうでもいいやとすぐにこの場を去りました。ワタスの心の隙間にはこうしたアートを楽しむ余裕は猫の額ほどもないのです。

ここが話に良く聞くうどん屋で~す。この時間はちょうどお昼時でしたが、この時はお腹が空いていなかったので、所用を済ませてから寄ろうと思い、2時過ぎに行くと、既にお店は終了していました。へぇ~早いのねと別に後悔することもなく、ここから風戸へ向かいました。本村からは夕方にならないと宇野行きはなく、歩いて直島の反対側の宮浦港へ。

この写真には写っていませんが、平日だというのに観光客がこの界隈を歩いていました。もう見るからに地元の人ではなく、多分都会から来た人達であろう若者が何かを求めて歩いていました。また外国人カップルの多さに驚きましたね。ワタスはこんな感じの田舎で育ったのでさしたる感動も驚きも覚えないが、確かに小綺麗な家並みにしている努力は感じ取れました。強いて感じた何かを表現するとすれば、このような酒屋が残っていて営業活動をしているらしい光景の中に自分が立っていることに多少の時間の屈折を感じたことでしょうか?

このあたりはどこの家もほとんど板壁が黒く塗られていて、スッキリした感じでした。ここを訪れる観光客は、こうした家並みや光景に感動を覚えることができるとしたら、一体どんな環境で育ったのだろうか?と一瞬考えてしまいました。あるいは、ワタスには全く普通に見えるこうした家並みがもうどこを探しても簡単には見つからなくなった光景なのだろうかとも推測をしてみました。
宮浦港へ向かう途中でこんな意味不明な建物を発見しました。古いだけじゃ無くてとにかくボロいのです。どことなく修繕したようなしてないような、整理されたようなされてないような、それでいて妙に惹きつけられるので、ちょっと寄ってみたら、入り口で「鑑賞チケット」を持っていますか?って訊かれて、ワタクス唖然として開いた口を更に大きくして、ア~ウ~ア~ウ~って心の中で倒れながら、叫びながら、超近代的アート建築を後にしました。でも中に入っている人結構イマスタァ~。

これ、スゴイ建物でしょう~!なかなか凝った作りでしょう~!まさか町役場じゃ~ないでしょうねぇ?まさか箱モノじゃ~ないでしょうねぇ~?中にちょこっと入って見たら、訪れている人は非常に少ない。その数に反して職員の数は結構いる。出納係のところには窓口が2つあって、その窓の数だけ女性職員がいる。仕事らしい仕事をしている風には見えなかったが、刻一刻とそうした職員へも給与が発生している訳ですよね。苦労して働いた人達からの給料から税金が情け容赦なく天引きされ、それがほとんど何もしていないような職員に支払われていく現実が、もしあっちにもこっちにもあるとしたら、日本は一度全部解体して一からやり直さないと、沈没するんじゃないだろうかと思ってしまいました。

2008年5月8日木曜日

シーカヤック無人島合宿 その3

雨らしい雨が降ったのは5/5でしたが、夜明けと共に降り止んでくれました。時折思い出したようにパラパラと来ましたが、どうってことはなく、水に浸かるとちょっと寒いかなといった程度でした。それでもレンスーは滞りなくやり、夕方から周辺の島を散策に出かけました。
もう雨は完全に止み、風もなく穏やかな感じが辺りを支配していました。キャンプしている島の入り江を一歩出ると、穏やかに見えていた海は潮の干満差で勢いよく流れていました。しかしその中をパドリングするのもカヤッキングの楽しみのひとつで、備讃瀬戸エリアでは、至る所に潮流が発生します。
その潮流の流れる方向は、上げ潮と下げ潮で向きを変えるということはあっても、あっちへ流れたりこっちへ流れたりしている訳ではありません。しかし、その流れ方の勢いは常に変化していて一定であることはまずありません。大潮の時や風が強いときあるいは低気圧が接近している時などは、時として恐ろしいほどの流れになることがあります。

調さんが漕いでいる向こうに見える岬の更に向こう側へ出ると、しばしば河のように流れています。海ではなく河そのものの流れのように波立って、時にはゴーゴーと音を立てて流れるエリアです。こんな穏やかに見えるときでも、そこへ行けば、河がありその流れを楽しむことができます。
しかしキャンプ島を出てすぐのところに期待した河はなく、穏やかそのものでした。少し物足りなさを感じながらも、静水を楽しみながら、大型船の通過する航路を横断して、お隣の島まで向かいました。いつも大きな船が行き交う海域なのに、さすがに大型連休中とあってか、その姿はひとつも見あたりませんでした。

お隣の島まで来ると潮は僅かに流れ初め、すこし流れを感じ始めました。 いつも来て良く知っている海域だが、新しい方と一緒に来ると新鮮な場所に思えてくるのは不思議なことです。波立ってはいないが、潮は徐々に速くなって来ていて直島諸島らしい雰囲気が漂っていました。
この島に到着する頃には、潮の流れが形になって現れ、表面が少しざわついて来ました。備讃瀬戸エリアでは、上げ潮の時、つまり干潮から満潮に向かうときに、潮は基本的には東から西へ流れる。誤解しないで頂きたいのは、あくまで基本線としての流れが東から西へということで、どこでも東から西へ流れているわけではありません。 お隣の島を1周して正面の島(キャンプ島)へ戻りますが、もう海全体がざわつき始めました。この辺りの潮は一定方向へ流れても良さそうな感じですが、見た目よりは複雑に流れています。これくらいの表情の時でも、初心者にはなかなか厳しい状況であるとワタクスは考えます。因みにスイスイとパドリングしているミドリさんは、久しぶりとは言え全然初心者ではありませんので、むしろ物足りなかったのでは・・・?
潮流の話に戻りますが、この備讃瀬戸では上げ潮の時には、東から西へ流れている訳ですが、その流れが島にぶつかって反転したり、海底の形状によって複雑になったりと、一様な場所は少ないです。ロクにカヤックツアーの経験も無いアンポンタンレポーターが知ったかぶりで「上げ潮流や下げ潮流を利用したカヤックツアーをすれば快適だ」などと、書いているのを以前読んだことがあるが、上げ潮流と下げ潮流を知っているだけでは、潮流を利用したカヤックツアーは残念だけど「無理」です。(続く)

シーカヤック無人島合宿 その2


無人島には電気もなければ水道もありません。水はペットボトルに入れて、持って行きます。電気はありませんので、夜はランタンやヘッドランプが頼りです。夕食を終えて、話尽きると各自のテントへ戻ります。そして深い眠りへと落ちていきます。普段の生活と何が違うのかと言えば、インターネットもテレビも見ないということです。昨今では携帯電話でもそれが可能になったが、電池が無くなるので、見ても天気予報程度です。



インターネットもテレビを見ないで寝ても翌朝身体の調子が悪くなったり、食欲不振に陥ることはありません。むしろその反対で、早く目が覚めます。ウグイスの鳴き声で取り敢えず5時前後には目が覚めます。そして午前6時には、朝食の準備をしたりストレッチをしたりと、(お勤めの方は普段もこれくらいの時間には既に活動開始ですね!)日頃のダラダラ生活とは違って、太陽の活動に合わせた動きになります。生活リズムが狂いやすい方には、無人島生活はお勧めですね!

合宿ある日の朝、リハビリやストレッチの指導されているミドリ先生にその指導をして頂くことになりました。快く引き受けて頂き30分くらいだったでしょうか、全身の血流を良くする様々な方法を伝授して頂き、参加者一同身も心も軽くなり、ストレッチの重要性を再確認しました。またこの日のカヤックのレンスーも一際熱が入ったように記憶しています。ミドリ先生有り難うございました。この場を借りてお礼申し上げます。


今回も各自各様のレンスーをして頂きましたが、この合宿でのレンスーは合宿の時だけではなく日頃からのレンスーを引き継いでいると言うことに注目をして下さい。日頃はレンスーらしきことを全くやらず、島へ上陸しては昼間からビールを飲んで昼寝をして目を覚ましたら、もうご帰還というパターンだったり、ビールは飲まないが、ただただひたすら漕ぐだけであったりとか、そういった普段の乗り方から、あるイヴェントの時だけレンスーをしても、さほどの効果は期待できないでしょう。(続く)

GWシーカヤック無人島合宿(後半)その1

ここに掲載されている写真は、合宿後半に撮影されたものです。実は今年3月に防水カメラを氷ノ山でなくしてしまい、新しいのを手に入れることを迷っているうちにGWに突入してしまいました。前半の合宿も大勢の方にお集まり頂き、楽しく過ごさせて頂きましたが、その時の写真がないのがちょっと残念です。ところで上記写真はとても楽しそうではありますが、一体何をしているのでしょうか?撮影したワタクスも良く覚えていませんが、自然の中で身体を動かすことの素晴らしさ、生活することの楽しさを身体で表現しようとしているようにご理解頂けたら嬉しいです。シーカヤックというモノを通じてではなく、シーカヤックのレンスーを通じて、大自然の中で躍動するの心の交流も深めていっています。

入り江でのレンスー風景の一コマですが、今回の合宿では、各自の発展段階に応じたテーマに加え、もう一回基本操作に戻ることにしました。そうすると、以前から感じていたことですが、非常に難しいことはクリアーしているのに、基本中の基本の一部が脱落していることに気が付きます。特に中間ポジショニングが要求される技術がやはり非常に難しいことに気が付きます。中間ポジショニングが要求される技術の一つにはドローストロークがあります。多分、いやきっと、ロールは非常に上手いがドローストロークは非常に苦手という方は、沢山おられるのではないかと思います。その原因のひとつは、ネイミングにもあるように感じるのはワタクスだけでしょうか?
後半合宿一番乗りの片山さんのレンスー熱心ぶりは目を見張るものがあります。参加される度に常に新しい領域を獲得され、水とのコンタクトがより一層深くなりつつあるように感じました。今回の合宿では2ランクアップの進展ではなかったかと思いますまた焚き火を囲んでの夕食を共にしているときに、あれやこれやのお話をしている内にあっという間に夜が更けていきます。だいたいに於いて食事時やお茶タイムの時は、カヤッキングの話はあまりせず、仕事の事、家族のこと、資産運用のこと、退職後の人生設計のこと、政治経済のこと、そうした内容がほとんどです。
参加者各自のレンスー時間はまちまちです。仕事で疲れている人や催眠不足の方は、浜辺で寝そべってゴロゴロと1日を過ごされる場合もあります。またバリバリ元気な方は、終日レンスーに耽る方もいます。レンスー時間は強制されることなどは全くありません。またその日の天気よっても左右されます。好天で水温が上がれば、自ずとレンスーも楽しくなってきます。しかし、一番レンスーに於いて重要なことは、レンスーの発展段階を知ることではないかと思います。



レンスーの、あるいは技術の発展段階を知るには、このような体験を何度も積む必要があるのではないでしょうか?!滅多に転覆はしない、あるいは滅多に沈脱はしない、だから大丈夫と考える人は沢山いるでしょう。また1人ではなく仲間と出かけるから、それだけで大丈夫と考えたい人もいるでしょう。でもワタクスは、滅多にしないが100回に1回程度の割合でもやはり沈脱は沈脱であり、そこがまたレンスーの新たな出発点でもあると考えます。日頃レンスーもしない、転覆もしない、従って沈脱もしない人が、荒れた海へ出てそこで初めて沈脱をしたらどうなるか、皆さん想像してみて下さい。自分だけでなく一緒に漕いでいる友の生命をも危険に晒すことになります。因みに写真の方は、1000回に1回程度の、非常に希なる貴重な瞬間でした。

レンスーなんて馬鹿馬鹿しい、なんで好きこのんで転覆したり傾けたりしなくちゃいけないんだ?と考えている人がまだまだ沢山いるのでしょうか?何も傾けたり転覆したりするのがレンスーのすべてではありませんが、カヤックが転覆を前提とした乗り物である以上は、平面的な動きの「練習」だけでは、全然不十分であることは言うまでもないことです。観光カヤッキングのエリア内で「観光系お遊び」を楽しむのであれば、それでもう充分なのかも知れませんが、全く管理されていない、あるいは全く管理できない海で出かけるときには、考えられる色々な場面&状況を想定したレンスーを日頃から心がけていかなくてはなりません。 写真のお二人は常連メンバーの絹本さんと渡辺さんですが、とっぷりと自然に溶け込むことは元より、レンスーも非常に熱心です。そしてレンスーだけではなく長距離ツアーにも時間が許せば良く顔を出して頂いていますが、こういうお二人と一緒に行くツアーは、非常に楽しい。強風が吹いても海が荒れても、全く心配する必要はないからです。その安定したパドリングの基礎はやはり日頃のレンスーの賜と言えるでしょう!
このGWのころの水温はやや低く気温は一定してしません。北よりの風が吹くと非常に寒く冬のようになり、晴天で南からの風が吹くとまるで真夏のように暑くなります。そして夜は冷え込む場合が多く、適当な準備をして夏用のシュラフしか用意していないと、朝方は凍え死ぬような(大袈裟だね~)こともあります。ですからこの時期の合宿の準備は、真夏も真冬も想定したウェアリングが必要になって来ます。昼間は半袖半ズボンでも夜は長袖シャツにジャンパーや防寒ズボンなどが必要です。
 細身のシーカヤックに乗るこの女性は合宿初参加でしたが、誰もが羨む自由奔放な生き方を実践されていて只今全国行脚中と書いておきましょう。ある時は空を舞い、そしてある時は海の旅に出かける。活きる場所楽しむ場所は岡山とか日本とかのスケールではありません。今日は岡山でも明日はヨーロッパアルプスの峰々を足下に空中遊泳しておられるかも知れません。ミドリ先生のストレッチ教室は大好評でした。翌朝は皆さん早速実践しておられました。また来てねぇ~!



ミドリ先生の自己紹介をしみじみと聞いていた倉橋さんの表情には、「ウラマヤシイ」と書いてありました。いや倉橋さんだけではなく他の皆さんも、いやもちろんワタクスも驚きました。しかし驚いているだけでは意味がありませんので、いつか我々もそういうことが出来る時代を作っていきましょう!大企業で働いているとどうしても転勤は付き物ですが、いずれは地元に戻って生活するようになるはずです。ここで知り合った仲間が、戦い終えて故郷に戻る頃、みんなで全国行脚しませんか?北海道もいれば関東もいるし、京阪神もいれば、中四国もいます。テント担いで放浪の旅、自由の旅、いつかやりましょう!
後半の合宿もあっという間に終了しました。これからも仲良く楽しくやりまっしぇ~!って言う意味でパフォーマンスをやりました。朝5時過ぎには起きて、3食とも当然自炊をして、昼間は適当に休憩を挟みながらレンスーに取り組んで頂きました。夕食はだいたい7時前後に終えて、それからティータイムあるいはアルコールタイムが10時過ぎ頃まで続く訳ですが、本当にあっという間の1日でした。それでもこうしてレンスー熱心な、自然が大好きな人達が集まると、何故かほんの少しの時間でもそれなりに進展があるものです。仮に何もなかったとしても、大きな意味があったと感じずにはいられない何かが大自然の中にはあるような気がします。(続く~)